チャンピックス?電子タバコ?自分に合った禁煙治療を探す

禁煙治療におけるチャンピックスと電子タバコ

近年、たばこ税の増税や喫煙可能エリアの減少などの理由により禁煙もしくは減煙を試みる方が増えています。
そうはいってもヘビーなスモーカーの方々やタバコによって息抜きの時間を得ている方など、減らすのはともかく止めるのは難しいと思います。
禁煙治療の一環として、周囲の人に宣言したり、自分でタバコを買う代わりにそのお金を禁煙貯金に当てたり、本気の方であれば禁煙外来に通う方もいらっしゃいますね。
また、ニコチンを含む煙を吸うタバコの代わりに代用品として、水蒸気を吸う電子タバコを愛用する方もいますが、最近の研究でほぼ全ての電子タバコの蒸気に有害物質が入っていると判明しているので、やはり健康には良くないようです。
ここまでを読んで、もしかしたら禁煙外来について考えた方もいるかもしれませんが、禁煙外来は保険適用外になる場合もあり、保険が使える場合でも適用の為の条件として、依存度テストや前回の治療期間の為の初回診察日はいつ頃か、また、保険診療可能な医療機関であるか等があります。
もちろん、最初は禁煙外来に行くのもいいと思いますが、大抵の方は禁煙の為に薬の処方があります。
禁煙治療に使われるのはチャンピックスという飲み薬です。
通常、タバコを吸うとニコチンが脳でニコチン受容体と結合し、ドーパミンを発生させます。これがタバコを吸うとリラックス出来るという仕組みです。
チャンピックスは服用すると配合されている成分がニコチン受容体と結合し、ニコチンよりは少ないのですがドーパミンを発生させます。
いわゆるニコチン切れによるストレスの軽減を促してくれるというわけです。
さらには禁煙治療期間中にうっかり我慢出来ずタバコを吸ってしまった場合でも、ニコチン受容体にニコチンが結合するのを阻害するので、タバコを吸ったときは高確率でまずく感じさせるように作られているようです。
チャンピックスはとても画期的で誰でも禁煙治療しやすい薬だとは思いますが、前述の通り、日本では処方箋ですので、保険適用外だと禁煙治療を長期に渡って続ける場合は懐が気になるところです。
実はチャンピックスは個人輸入も可能ですので、継続して使う場合は個人輸入で仕入れて使うのもいいと思います。
一念発起でタバコを止めて、止めるための治療費も安く抑えた分、なにか違うことに使って人生をより豊かにしたいですね。

電子タバコや様々な禁煙グッズを調べる